代表ご挨拶

「ジェネリック医薬品を通じて社会に貢献」


セントラルファーマ株式会社は創業以来、この理念に基づき業務を続けて参りました。

近年、高齢化社会・医療費増大などが問題となっており、患者様の負担を軽減できるジェネリック医薬品の役割が特に注目されています。しかし日本国内での医薬品に占める、ジェネリック医薬品の使用率は僅か20数%程度であり、日本でも欧米での50%超の使用率に近づけるべく様々な使用促進策が打ち出されております。


私どもはジェネリック医薬品の販売を開始して三十数年、数多くの医療機関様にご支持いただき事業を拡充して参りました。今までの 実績を基に、今後もジェネリック医薬品を通じ社会に貢献していく所存でございます。

会社概要

社名 セントラルファーマ株式会社
役員 代表取締役会長 清水 忠司
取締役社長 福田 浩久
創業 昭和54年10月(大洋薬品販売として)
本社 〒601-8122
京都府京都市南区上鳥羽北塔ノ本町2番地SMGビル5階
TEL 075-694-1690  FAX 075-694-1691
事業内容 医療用医薬品卸売業
得意先 病院・診療所・調剤薬局・歯科診療所等の医療機関、介護老人保健施設 等
資本金 800万円
従業員数 13名(2020年12月現在)
取引銀行 三菱UFJ銀行 京都支店